本文へスキップ

概要

ご挨拶







東北大学大学院 工学研究科
技術社会システム専攻 教授
須川 成利





私たちは、新規な半導体集積回路・デバイス・プロセス・評価技術の開発を基盤として、ばらつき・ノイズを極限まで低減した高性能高精度高信頼性デバイス・システムの開発を行っています。また、積極的に産学連携を行いその実用化を推進しています。さらに、新技術創生のみならず、技術経営も担える人材を育成するよう努力しています。 ともすると先端技術開発においては、「とんがった単体性能」を追及することに集中しがちなところがあります。私たちは、一貫して、集積回路に搭載されるすべての素子に対して「ひとつも性能の悪いもの、信頼性の悪いものを作らない」ことを目指しています。最近、この姿勢が認められつつあり、多くの協業が始まっています。 Tech on!のコラム「ブラックボックス化と技術離れと教育」に須川・黒田研究室の学生たちの「地に足付いた“ものづくり”をやっている」様子が書かれています。 学生の皆さんには、電子デバイス・機器に関わるシステム、アルゴリズム、アーキテクチャ、回路、デバイス、プロセス、装置、部品・材料、ユーティリティなどの各技術の深淵を徹底的に追求する過程の中で、トータルシステムを理解し、技術を本質的かつ総合的に捉えられる能力と、さらには技術を経営資源として昇華させるまでの課題を意識しつつ研究開発に取り組む姿勢が身につくよう指導しています。 世界をリードする先進の研究を一緒にやってみませんか。熱き情熱をもった学生諸君の参画を歓迎いたします。


主な研究施設

総合研究棟

総合研究棟にはデバイス・イメージセンサ設計・測定環境を備え、半導体大規模集積回路(LSI)の設計から、デバイス測定、カメラ撮像評価までをすべて自分の手で行うことができます。主に回路・システムグループの学生が研究を行っています。


[photoへのリンク]



未来情報産業研究館

未来情報産業研究館は民間企業の寄付により建てられたものです。ここには世界最高レベルのクリーンルームと先進の製造装置・測定機器などが備えられ、自らデバイス作製ができます。主にデバイス・プロセス・評価技術グループの学生が研究を行っています。


[photoへのリンク]